桃花スリムは飲み方でお腹がゆるくなるって本当?

桃花スリムの成分の特徴は?

 

便秘で苦しい、お腹が張って食事がおいしく食べられない、という人に人気のあるのが桃花スリムです。

桃花スリムは、食物繊維が豊富で、腸の動きを活発にしてくれます。黒大豆、ハニーブッシュにはイソフラボンが入っていますし、マクイベリーや柿の葉にはポリフェノールが豊富に含まれています。

 

食物繊維に関しては、キャンドルブッシュ、ゴボウ根、はと麦などを配合し、効き目と飲みやすさの両方を追求した、理想的なドリンクです。
お腹に効果があるのはもちろんですが、美肌効果も期待できるんですよ。その理由は、カリウムが入ったハイビスカスが配合されているから。女性には嬉しい成分ですよね!

 

女性に飲んで喜ばれる材料がぜいたくに配合されているのが、桃花スリムの特徴です。
便秘が改善されるのは良いのですが、副作用もまったくないわけではありません。

 

でも、副作用と言っても、体に悪い影響があるというほどではありません。必要以上に分量を多くして飲んでしまうと、突然お腹がゆるくなったり、お腹が痛くなったりすることもあるので、注意が必要です。

 

 

飲み過ぎは下痢を引き起こす?

 

桃花スリムは、腸の動きを活発にし、お通じが良くなるハーブティーとして人気です。1日1杯を目安となっているので、もし1日の分量を多くしてしまうと、食物繊維を大量に摂りすぎることになり、胃腸に負担がかかります。便秘が悪化したり、下痢を引き起こしたりすることもあるのです。

 

食物繊維には、不溶性と水溶性の2種類がありますが、そのバランスがとても大切です。ハーブティーを飲み過ぎるのは、体にとって良くないわけですね。
不溶性食物繊維には、大豆や玄米がありますが、こういった食物繊維も食事に取り入れて、ハーブティーは1日1杯にするというのがベストな方法になります♪