桃花スリムの成分のポイントは?

カフェインは体に悪いって本当?

 

コーヒーや紅茶、緑茶にも入っているカフェインは、体にどんな影響を与えるものなのでしょうか。

カフェインの作用としては、利尿作用のほか、眠気や倦怠感を取り除く作用もあると考えられています。
大人がある程度の量を摂る分には問題ありませんが、カフェインを過剰に摂取すると、悪影響が出てくる可能性もあるのです。

 

カフェインは、多く摂り過ぎると、脳神経系を刺激するので、妊娠中や授乳中の人は控えがほうが良いと言われています。
そして、カフェインは、健康食品や便秘茶にもよく配合されている成分なのですが、桃花スリムはカフェインについて何も書かれていません。
記載はありませんが、お茶であることは変わりないので、微量にカフェインが入っている可能性はあります。カフェインが入っているかどうか気になる人は、問い合わせてみたほうが安心ですね。

 

 

桃花スリムの成分の特徴は?

 

桃花スリムには、ぜんぶで12種類の材料が配合されています。そのほとんどが、食物繊維を多く含む食材になります。そのほか、香りづけや飲みやすくする成分がプラスされています。

 

具体的にみると、ローズヒップ、ゴボウ根、黒大豆、キャンドルブッシュ、バラ花、はと麦、ハイビスカス、生姜、柿葉、ルイボス、マクイベリー、ハニーブッシュの各種です。
公式ホームページをチェックしても、カフェインについては何も記載されていません。
基本的に天然の植物ばかりで、カフェインが多く含まれているものもないようです。ですから、とくにカフェインについて医師から注意を受けている人でなければ、気にせず飲んで大丈夫でしょう。

 

ただし、注意事項をみると、妊娠中の方や授乳中の方は服用を控えたほうが良いとのことですので、カフェインのことだけでなく、胃腸への負担も考えると、そういう場合は控えたほうが良いですね。どうしても飲みたい場合は、医師に相談するなどして、勝手に判断せずに安全を確認してから飲むようにしましょう。