便秘茶で人気の2品を比べて検証!

便秘茶で人気なのが、美爽煌茶と桃花スリムではないでしょうか。
どちらも自然なお通じをうながし、便秘を解消してくれる、飲みやすいハーブティーとして人気が続いています。
では、この2つのお茶にはどんな特徴があるのか、比べてみましょう!

 

配合されている成分を比較!

 

女性のためのハーブティーというのは共通していますが、成分にはかなり違いがあります。
いちばん分かりやすいのは、香りと味のベースだと思います。

 

美爽煌茶はアップルティーが基本になっているのに対し、桃花スリムは名前の通り、ピーチ味で仕上げられています。

 

材料については、美爽煌茶は、カミツレ、カワラケツメイ、エイスグサの種子、麦芽などの植物素材が中心の構成になっています。

 

一方、桃花スリムは、食物繊維が中心です。黒大豆、生姜、マクイベリー、キャンドルブッシュ、ハイビスカスなどの食物繊維が豊富なハーブがおもな成分です。
どちらも、お腹の調子を整えるための天然由来成分がたっぷりのハーブティーになっています。

 

 

価格でお得なのはどっち?

 

便秘茶は長く続けるものなので、価格も決め手になります。美爽煌茶は30袋で3600円、桃花スリムは30袋で4286円です。
単純に比較すると、美爽煌茶のほうがお得に見えますが、じつは、長く続ける人は桃花スリムのほうがお得になる、という秘密があるんです!

 

 

その理由は、桃花スリムの定期購入コースです。定期購入では、3429円で購入できます。それも、毎回です♪
毎回この価格で購入できるということは、実質の通常価格ととらえて良いと思います。
そうすると、美爽煌茶よりも桃花スリムのほうが割安になるというわけです。

 

こうしてみると、価格で比較するのも、判断材料になりますよね。
いろいろ比べて、自分に合っているお茶をみつけて、お腹をスッキリさせましょう!